スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

BC広報大使テーマ 6月編

だいぶ更新滞ってました^^;
もう6月になってしまいますね。
W杯が楽しみです。

先週でテストやら何やら交換留学プログラムがすべて終わったので
これからはもうちょい更新頻度上げていきたいと思います。
今日は3つのテーマについて書きます。

①一日にどれくらい日本語を話すのか

自分の周りには日本人がほとんどおらず、しかもイギリス人が多いので
日本語はまったくしゃべる機会がありません。ロンドンのど真ん中なのに。。。
自分の部屋でパソコン使ってるときくらいしか日本語に触れる機会がなく
しかも、日本語を話すというより日本語の記事を読むだけなので
日本語を話すのは、たまに日本人の友達、家族とスカイプをするときくらい。

最初は英語がまったくわからなかったので、辛い、しんどいと感じたことも
ありましたが、今はもうそんな状況にも慣れました。
はちゃめちゃな英語でわからないなりになんとか毎日をやり過ごしてます。笑

②英国にいて便利だと思うこと。

それは、デビットカードだと思います。
イギリスに来るまでこのカードのことは名前を聞いたことがあるくらいで
あまり詳しくは知らなかったのですが、いざ使ってみるとめっちゃ便利。
日本でも一応取り扱われているようですが
クレジットカードと比べるとあまり普及していないようです。

大きな買い物じゃなくてもタバコなどなんでもたいてのものは
このカードで買えるので、現金がない!ってときもなんとかなります。
(店によっては£5以上など使える金額に制限もあるみたいです)

デビットカードはクレジットカードと違って買い物の代金が
口座から数日後に(3日くらいかな?)引き落とされるので、
クレジットカードのようにまとめて払う必要がなく
使いすぎる可能性はずっと低いことがメリットだと思います。
あと銀行関係でいくと、ATMが24時間使えるという点も便利だと思います。

③英国でなければできなかったこと。
やはりパブでしょうか。
最初はビール飲むとき一緒に飯が食えないなんてありえんわって
思ってたのですが、仲間内でただビールを飲むのではなく
周りの知らない人たちとも交流ができるところがパブでの醍醐味だと思います。
毎日行くと、バーマンも顔や名前を覚えてくれて
注文しなくても"いつもの"やつを持ってきてくれます^^
他にも常連客がいるので、毎晩顔を合わせてると
そのうちおしゃべりするようになって、ビールおごってくれたり
ビリヤードを一緒にやったりと交流が深まります。
もちろん、サッカー中継も観れます^^

それから、バンドのギグに行けるということも英国ならではだと思います。
普通のパブや大学の施設でギグをするバンドもいるので
そういう身近なところで音楽に触れられるところが好きです。

美術館や博物館が入場無料なところが多いのがいいですね。
アートを身近に感じられます。
まあ自分はアートや歴史には疎いので、友達に誘われたときくらいしか
行きませんが、それでも入場料タダというのは日本では
あまりないんじゃないしょうか。

以上、3つのテーマについて書いてみました。










スポンサーサイト

| BC広報大使 | 21:48 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

mfk160

Author:mfk160
2009年秋;念願の英国留学を実現。
2010年春;大学3年生になりました。
交換留学プログラムも全課程を修了し
残り少ない帰国までの期間
現地での生活の様子を記録していきます!
UKロックとサッカー大好き。

Basic Calendar

<04 | 2010/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

Weathe Forcast

Click for ロンドン, イギリス Forecast

為替レート

パーツ提供:ALL外為比較

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ
にほんブログ村
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。