スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

IDカード. 2010

新年明けましておめでとうございます。
2010年ですね。
ワールドカップイヤーです。
日本対イングランドもあるようやし、楽しみ。

新年の抱負は特に決めとらんけど
残り少ないロンドン生活なので、時間を有効利用したい。
休みの日とか一日中ダラダラして過ごしてしまうことがあったので
もっと積極的にアクションを起こしていきたいところ。

で、ビザの話。
今朝、無事にIDカードを受け取りました。
延長申請してから3ヶ月ちょっと。というかほぼ4ヶ月。

エージェントを使わず、すべて自分で準備して申請したので
日本に強制帰国になったらどうしようとドキドキしてた。
もちろん、大学のスタッフに最終確認はしてもらったのだけど
なんせ延長申請の原因が大学からのビザレターのミスだったので
正直イマイチ信用できなかった。笑(ミスを発見できなかった自分にも責任はあるけど)

1年間の滞在なのに延長申請せないかんのは、
確かにめんどくさかった(お金もかかるし)。
が、ビザが取得できた今となっては
いい経験になったと急にポジティブになってます。笑
実際、意外と英語の勉強にもなったし、ホントにいい経験だった。
それにパスポートに貼られてるエントリークリアランスだけやなくて
ID持ってるってなんかカッコイイし(海外生活長い人達にとっては、大したことないやろうけど)。

とまあそんなこんなで
留学生活は残り半年。
大学生活も折り返し地点。

学生のうちにいろいろ経験して
あとになって後悔することのないように
アクティブに行動していきたい。





スポンサーサイト

| ビザ延長 | 02:29 │Comments0 | Trackbacks0編集

今さら帰って来られてもねぇ。

先ほどキッチンで夜食(カレー)をがっついていると
見回りに来た管理人が「スペシャルデリバリーで君になんか届いてるよ」と。

おーやっと返送されてきたか。
そう、ビザ延長のために郵送したパスポートなど申請書類一式のことです。

申請してから約3ヶ月強。
書類が無事に返ってきたことは喜ばしいことなのだが
正直、このタイミングで返されてもなぁって感じ。
どっか北欧でも周っちゃいますか!っていう気分にはならない。
というかこの時期にチケットとか買えるんだろうか?

で、まあ無事にビザは下りたようなのだが、IDカードがまだ届かない。

同封されていた手紙には、手紙の日付から7 working days以内に届くはずです。
もし10 working days経っても届かない場合は電話してくださいって書いてある。
なるほどと思って手紙の日付を確かめると
なんと12月15日。
受け取った今日の日付は12月29日。

スペシャルデリバリーのパッケージにはデカデカと
guaranteed next dayって書いてあるのにね。

こんなことってあり得るんですねぇこの国では。

明日電話で問い合わせてみよう。。。

| ビザ延長 | 10:55 │Comments0 | Trackbacks0編集

Biometric Enrolment

今日行ってきました、ビザ延長のためのバイオメトリクス。

先月末にバイオメトリクスに関する手紙を受け取り、
手紙に従って、電話で予約していた。
手紙を受け取ってから15 working days以内に電話かオンラインでアポをとり、
バイオメトリックセンターに行かなくてはならないとのこと。
自分は先月末に手紙を受け取っていたけど、
向こうから提示された日時が今日だったので、
手紙を受け取ってから実際に手続きを行うまでに結局1ヶ月かかったことになる。

まずは予約の際の話から。

最初オンラインで予約しようとしたのだが、うまくいかなかった。
自分の生年月日やリファレンスナンバーなどの情報を登録した後、
ブッキングリファレンスナンバーがメールで送られてくるはずが、
一向に送られてこないので、仕方なく電話で
アポの日時とブッキングリファレンスナンバーを聞いた。

だいぶ英語での電話も慣れてはきたけど、やはり相手の声だけでの
コミュニケーションは難しく感じた。

さて、何はともあれ無事にアポは取れていたので、今日行ってきた。

電話で予約したときに時間の30分前には来ておいてくださいと言われていたので、
言われたとおり時間の30分前にエレファントアンドキャッスルにあるバイオメトリックセンターへ。

受付で、名前、生年月日とアポの時間、ブッキングリファレンスナンバーを伝える。

で、整理番号をもらう(といってもパンフレットに番号がボールペンで書かれてあるだけ)。

そして待つ。

結局50分弱待ったかな。
アポの時間は15分くらい過ぎてました。

まあこういうことになるだろうと予想はしていたので、特になんとも思わなかった。
というかむしろ意外とすんなり行ってるなと。
慣れとは恐ろしいものです。笑

で、指定されたブースに行って、
再度ブッキングリファレンスナンバーを担当のおねーさんに見せる。
次に、ビザに関する二つの質問に答えて、同意書のようなものにサインをする。

そして、右手の親指以外の4本、次に左手も同様にし、最後に親指を両手一緒に
といった順に指紋のデータを取られる。

ここまでは順調。

最後に顔写真の撮影。
ここで、前髪をもっとしっかり上げてと注意される。

言われたとおりに前髪を横へ横へとながす。
目には全然かかってないし、眉毛もきっちり見えるくらいにしているのに
担当者はなかなか納得してくれない。
しまいにゃボールペンを渡されて、クリップの部分で前髪をとめてとまで。。。^^;

が、いくらねばってもクリップではとまらなかったので、
向こうも諦めたらしく、まあいいわ、そのまま動かないでねと言って撮影開始。

2,3回撮り直して、ようやく手続き完了!

あとはビザが送られてくるのを待つだけです。
ちょっとドキドキ。。。





| ビザ延長 | 23:05 │Comments0 | Trackbacks0編集

Newビザレター

昨日からシェアしている家に帰ってきている。
荷物を片付けるために。

で、今日は久しぶりに学校に行ってきた。
交換留学で行く大学からの新しいビザレターを受け取るために。

なぜビザレターが新たに必要になったかというと、以前の日記にも書いたが、
ビザレターに記述ミスがあったからだ。

Level of Studyという項目があって、本来は、
the National Qualifications Framework (NQF)のLevel-6
でなければならなかったのだが、送られてきたビザレターには、NQF Level-H
と記載されていた。

しかし、自分は、ビザレターを一通り読んだ後、名前のスペルや住所、
コースの始まりと終わりの日時などの自分で確認できる項目しかチェックせず、
勉強レベルの欄は、そういうものなのだろうと思って、そのままビザ申請を行った。

その結果、語学学校の分のビザレターしか許可が下りず、現地での延長手続きを
行わなければならなくなったわけで。

なんでうまくいかんかったかな~と思いつつも、とりあえず向こうの大学の
スタッフに延長申請をしなければならなくなりました、というメール
を送り、いろいろやり取りをしているうちに発覚したミスが上記のものである。

ビザレターに記載ミスがあったのだから、リジェクトされて当然だ。
延長申請は面倒だし、お金もかかるから嫌だけど、
失敗の原因がハッキリしただけでもマシだ(別に嬉しくはない)。
きちんとレターを確認しなかった自分にも責任はあるし。

で、まさかのミス発覚後、どうしたらよいかと向こうのスタッフに尋ねると、
実は最初のビザレターを出した後、ミスに気づいて
新しいやつを3週間前にそっちの大学に送ったから、
それを延長申請で使えば大丈夫だと言っていた。
しかもメールの最後には"Good Luck!"とありがたいお言葉。

なんかこんなお気楽な感じでいいんかなぁ。。。
不安だなぁ。。。

と思いつつ、学校から連絡が来るのを待っていたのだが、
今日ようやく受け取ることができた。


できるはずだった。


確かにレターは届いていた。
しかし、レターはレターでも、送られてきていたのはカバーレターというやつで、
ビザレターの一部ではあるが、まったく関係ない部分のものだった。
それも日付が更新されただけで、ほかは以前受け取ったものとなんら変わりはない。
で、さらに、肝心要のミスが訂正された部分のレターは届いていない。。。

これでは意味がないじゃないか!

学校の留学担当の方も困惑してた。
なんでこれ送ってきたんだろうね?向こうの人はテキトーやねぇ。って言ってた。

まったく同感だ。なにがGOOD LUCKだ。。。

で、結局どうなったかというと、
また向こうの大学の人に頼んで、再度新しいレターを送ってもらうようにした。
もう出発まで、あまり日にちもないので、実家の住所を教えて、
直で送ってもらうようにした。

要するに、また待つわけだ。。。

その間に、この家の荷物を整理して、実家にもって帰らないかんけん、
暇というわけじゃないけど。

それにしても事がスムーズ運ばないなぁ。

根気強く、心に余裕をもって、ひとつひとつ目の前の課題をクリアしていくことが大事だ。
と自分に言い聞かせることが最近多くなってきている。

異文化体験だと思えば良いんだ。
出発前に、これくらいのことを経験しておいたほうが、イギリスの人はこんな感じなんやな~って
つかめて、向こうでストレスが少なくてすみそうだし。

明日も荷物の片付けに追われる一日になるんだろうな。。。

| ビザ延長 | 00:39 │Comments0 | Trackbacks0編集

Visa Extension

このところ、3週間の語学学校を終えたのち通う大学のコースを受けるために、
ビザの延長申請について調べている。

渡英してすぐに行えるようしっかり準備する必要がある。

今の時点で必要だとわかっている書類は、

・大学からのビザレター
・資金証明のための銀行通帳
・取引証明書
・残高証明書
・通帳表紙のコピー
・申請用紙
・日本でビザ申請した時の書類一式
・パスポート
・寮のデポジットのレシート

なかなか大変だ(>_<)

前回の失敗(?)を踏まえて、今回は向こうの大学のVisa Support Service
を利用することにした。
申請用紙の書き方のチェックしてくれたり、アドバイスをくれたりするようだ。
さらに、5ポンド支払えば、学校が仲介して申請書類を郵送してくれるらしい。

失敗は許されないから、しっかり活用していこう。
大学の交換留学がメインなのに、個人的に申し込んだ語学学校
3週間で強制送還されたらたまったもんじゃない。ホントに。

申請方法は2通りある。
郵送か申請センターに直接出向くか。

郵送は357.0ポンド(約6万円)。
直でオフィスに行く場合は565ポンド(約9万円)。
(£1=160円で計算)

どちらも高い。非常に高い。

申請場所はHome OfficeのPublice Enquiry Office。
全部で7か所あるようだが、自分のステイ先から
最も都合が良いと思われるオフィスはCroydonにある。
調べてみたら、地下鉄(tube/underground)で約50分かかるようだ。
ん~大変そうだ。

郵送の場合は、申請書類を送った約1週間後に生体検査の知らせが届くので、
指定された日時(自分で予約するんだったっけ?要確認ですね)
にHome Officeに出向き、検査を受ける。
その4~16週間後に書類審査が終わり、パスポートが返却される。
という流れ。

直接オフィスへ行って申請する場合は、書類を提出し、キャッシュで565ポンド
支払う。そして生体検査を受けて終わり。
即日でビザが発行される。

向こうの大学のエージェントの方と相談した結果、
自分は郵送で手続きを行う予定。
うまくいきますように。。。

出発前の準備はまだまだ終わらない。
ビザ延長申請の手続き方法を調べ、書類を準備するのと同時に、
荷物整理しながら、必要なものは購入しなくてはならない。

まず変圧器と、
コンセントの形を合わせる道具(なんて呼ぶんだろ?)を買わなきゃ。

それから、荷物の整理。
これがまた手間がかかる。
今は実家を出て、友達とルームシェアをしているので、そこの荷物を整理して、
それを実家に持って帰ってこなければならない。
そして、改めてロンドンへ持っていく荷物のパッキングをしなくてはならないのだ。

ちなみに今は実家にいる。。。

さらに、シェアしている家の荷物を整理しに行くのとついでに学校にもよる。
新しいビザレターを受け取るためだ。
今手元にあるビザレターに記載ミスが発覚(ビザが思うように取れなかった大きな原因)
したので、向こうのスタッフが訂正したものを再度日本へ郵送したのであります。

そして、荷物をまとめて実家に帰ってきたあとは、
所持金として持っていくお金を円→ポンドへ換金。

EMSの段ボールに荷物をぶち込んで、ラベルに向こうの住所を書き、
親に何月何日ごろ郵送してくれ、と頼む。

そして、最新の取引証明、残高証明をゲットして、すべての書類のコピーを取り、
9月初旬の早朝に出発!!

という感じである。
これからもしなくてならないことが出てきそうだ。。。

留学準備って予想以上にハード。
でもやるしかないよな。

がんばろ。。。

| ビザ延長 | 02:37 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

mfk160

Author:mfk160
2009年秋;念願の英国留学を実現。
2010年春;大学3年生になりました。
交換留学プログラムも全課程を修了し
残り少ない帰国までの期間
現地での生活の様子を記録していきます!
UKロックとサッカー大好き。

Basic Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

Weathe Forcast

Click for ロンドン, イギリス Forecast

為替レート

パーツ提供:ALL外為比較

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ
にほんブログ村
検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。